コマメディア 〜史上最弱の仏弟子コマメ〜

おもに雑誌、書籍で活動する紙系ライター森竹ひろこ(コマメ)が、仏教&瞑想関連の話題を広く紹介。なにかがきっかけで、仏教とご縁がつながると嬉しいです。……最弱なのでおてやわらかに!

【報告】大阪で久しぶりにプラユキ師の「お話と瞑想の会」を開催しました

f:id:komamemet:20180321192627j:plain

(参加者は東京の瞑想会に比べ、女子率高めでした)

 

本日、タイで出家された日本人僧侶プラユキ・ナラテボー師を招いて、「お話しと瞑想の会 大阪」を開催しました。

大阪で開かれる、プラユキ師の昼間の瞑想会は2〜3年ぶりなだけに、初参加の方も多かったです。

  

f:id:komamemet:20180321192556j:plain

 前半のお話は、事前に参加者から募った質問に答える形で進められました。

まずは、キリスト教と仏教の違いの質問から。プラユキ師はその二つの宗教を、「自分をみつめようと、認知していくのが仏教」、「隣人を愛せと、行動が強調されているのがキリスト教」という比較から入ることで、仏教の特徴をクッキリと浮き上がらせました。

でも、違いを確認しながらも、どちらも「私という囚われから自由になる」ところは同じで、そのアプローチが違うだけだと論されます。

仏教は、私という実態があるわけではないと見破る「無我」のアプローチ、キリスト教は、神をたてることで私へのとらわれを無くしていく「無私」のアプローチ。

違うように見えて、向うところは同じなので、自分に合った取り組みをすればいいのではないのでしょうかと、語られました。

 

さらに、参加者からの幅広い質問に、正念正知や貪瞋痴、慈悲など、仏教の基本を巧みに組み込ませながら解答されました。

 

f:id:komamemet:20180321192648j:plain

後半は瞑想実践がメインです。手動瞑想と歩く瞑想を指導いただきました。

 

 

f:id:komamemet:20180321192722j:plain

終了後の懇親会は、ほとんどの人が参加されました。

まず、全員が自己紹介とともに感想や質問を述べ、プラユキ師は一人一人と対応。ただし、詳しい解説が必要な質問は、全員が終わったらところで、まとめて答えていただく段取りでした。

結局、質問は9つ。でも、全員の自己紹介が終ったとき、残った時間は15分ほどしかありませんでした。

ここからプラユキさんの、ミラクルが発動!

1つ1つの質問に、すごい集中力でコンパクトに、しかも必要なことはしっかり盛り込んで回答。まるで椀子そばに挑戦するように、勢いよく次々と質問をクリアされました。全てに回答され、質問者も「モヤモヤしていたことがスッキリした」、「すごい、気づきをいただいた」と満足顔。

 

私はプラユキ師の瞑想会に通うようになって8年が経ちますが、初めて目にする展開!西の地で、師の新たな扉が開かれたのでしょうか!?