コマメディア 〜史上最弱の仏弟子コマメ〜

おもに雑誌、書籍で活動する紙系ライター森竹ひろこ(コマメ)が、仏教&瞑想関連の話題を広く紹介。なにかがきっかけで、仏教とご縁がつながると嬉しいです。……最弱なのでおてやわらかに!

【告知】アジャン・ニャーナラトー師 の法話会(3月2日)、瞑想会(3月3日)を開催します

f:id:komamemet:20160225122241j:plain

 

アジャン・ニャーナラトー師

法話会(3月2日)、瞑想会(3月3日)のお知らせ

 

ご帰国中のアジャン・ニャーナラトー師を東京にお招きして、法話会と瞑想会を開催いたします。

 

3月2日(金)は、仕事や学校帰りに気軽に参加できる法話会に、

3月3日(土)は、一日ゆっくりと取り組める瞑想会になります。

 

両日でも、どちらかのみでも、ご都合に合わせて参加ください。また、2日の法話会に参加されず、3日の瞑想会のみの参加でも支障なくプログラムに取り組めます。

 

法話会では仏教の本質的なお話や、20世紀の大長老アチャン・チャーの教え、生き方などを、質疑応答をまじえてお伝えいただきます。

 

瞑想会では、「ホリデー・オブ・ザ・ハート」「doing nothing(なにもしない)」などの言葉をキーワードに、テクニックではなく在り方に重点をおいた瞑想をご指導いただきます。

仏教瞑想の真髄に触れたい方はもちろん、日頃、テクニックのしっかりした瞑想を実践されている方にも新たな視点を与え、瞑想に対する理解を深めてくれることと思います。

また、初心者の方も無理なく取り組めるようにスケジュールを組みましたので、安心してご参加ください。

 

2日と3日は会場が異なりますので、ご注意ください!

 ……………………………………………………………………………………

 

3月2日(金)法話

時間 

19:00〜21:00(開場18:45)

 

会場

目黒区田道住区センター 3階 第2〜3会議室

 目黒区目黒一丁目25番26号田道ふれあい館内

 JR・東急目黒線 目黒駅から徒歩12分

 HP:田道住区センター 目黒区

(会場はカルナネットの名前でとっています)

 

参加費 

喜捨(任意のお布施)

 

 

内容

法話、質疑応答

 

申込みの必要はありません。直接会場におこしください

また、座席は先に着いた方からお座りいただきます。椅子の数に限りがありますので、場合によっては立ち見になる可能性もありますが、ご了承のうえ参会ください。

 

 ……………………………………………………………………………………

 

 3月3日(土) 瞑想会 

 

時間 

10:00(開場9:40)〜17:30ごろ

終了後、同じ会場で懇親会を行います。参加費無料、途中退場自由です。

 

場所 

せたがや がやがや館 3階 交流室

 東京都世田谷区池尻2-3-11 アクセス

 東急田園都市線「池尻大橋」駅から徒歩10分

 (会場は田村の名前でとっています)

 

参加費 

ドネーション4000円を目安に、さらに功徳を積まれたい方、師の活動を支援されたい方はそれ以上を、この金額の支払いが難しい方は無理のない金額を、受付けでお渡しください。

 

内容

瞑想(坐る瞑想、歩く瞑想)、法話、質疑応答

 

・ランチタイムも会場はそのまま開放します。昼食を持参された方は会場で食べることができますが、ゴミは各自でお持ち帰りください。

・会場の床はフローリングで、座布団と椅子の用意があります。座布団は枚数に限りがありますので、参加人数が多いときは一人一枚でお願いします。使い慣れた座布やクッション、ヨガマットなどを持参されると、より快適に取り組めるかと思います。

 また、足元の冷えが気になる方は、膝掛けやショール、ルームシューズなどがあるといいようです。

・野外で歩く瞑想を予定しています。歩きやすい靴で参加ください。

 

会は両日とも、仏法を学ぶ有志の身施(ボランティア)で運営いたします。

みなさんからの喜捨ドネーションは開催に必要な経費を支払い後、残りの全額を、ニャーナラトー師の日本での活動の支援や、師の監修による施本の制作に活用させていただきます。

 

申込みの必要はありません。直接会場におこしください

 

お問い合わせ karunanet2012@gmail.com(森竹)

 

主催 ニャーナラトー師 法話・瞑想会事務局

 

 

アジャン・ニャーナラトー師 プロフィール

本名:中尾茂人(なかお・しげひと)

1958年、奈良県生まれ。京都大学医学部卒業。

医師の国家試験に合格後、精神的な探求のためアジアに渡る。

1986年、タイのアチャン・チャー師系列のワット・パー・ナーナ—チャート(国際森林僧院)でサーマネーラ(沙弥)出家。

1987年、具足戒を受けて比丘出家する。

2001年、イギリスのアマラワティ僧院に移り、現在は副僧院長を務める。

2016年7月、 NHKラジオ「宗教の時間」出演。

仏教総合誌『サンガジャパン20号』(2015年4月発売:サンガ)にロングインタビュー掲載