コマメディア 〜史上最弱の仏弟子コマメ〜

紙系(雑誌、書籍)ライターの森竹ひろこ(コマメ)が、仏教&瞑想関連の話題を広く紹介。なにかがきっかけで、仏教とご縁がつながると嬉しいです。……最弱なのでおてやわらかに!

【告知】3月11日(日) 第7回「スワリノバ」を開催。どなたでも自由におすわりください。

誰でもオープンにすわれる第7回目「スワリノバ」を、3月11日(日)に開催します。 昨年に8月に、日頃お付き合いのある仏教瞑想や坐禅、プラムヴィレッジのマインドフルネスの実践者の方たちと皆でにすわれたら、と始めたスワリノバ。でも、当初の予想を…

人の根源に関わるところで語られる、ニャーナラトー師の質疑応答

あたたかい春風とともに上京されたアチャン・ニャーナラトー師。3月2日の法話会、3日の瞑想会(+懇親会と個人インタビュー)と続き、今日の翻訳者や編集者のための「仏教書の翻訳勉強会」(写真)の講師を終えて、先ほど東京を後にされた。 この3日間を…

ニャーナラトー師の瞑想会、無事終了しました

午前中は、釣竿の先に釣り針の付いていない太公望を例に、Doing nothing という在り方を、お話いただきました。午後は紙に書いた質問にお答えいただいたり世田谷公園で歩く瞑想をしました。梅の花が満開でした。ネコのしのちゃん、太公望の図。(しのさん画)

3月は毎日ブログを更新してみるつもりです。

この3月は、とても多忙だ。 イベントが5つ、制作をお手伝いしている本は企画中のものもふくめると5冊ほど、 サンガジャパンの次号(4月末発売予定)の原稿締切りも今月だ。 ここで、さらに荷重をかけてみたらどうなるだろう。 この<森竹ひろこ>という…

【告知】アジャン・ニャーナラトー師の通い型・瞑想リトリートを開催します(3月24〜25日 京都)

【アジャン・ニャーナラトー師の、通いの京都リトリートのお知らせ】 ご帰国中のアジャン・ニャーナラトー師をお招きして、 2日間にわたる日帰り(通い)瞑想リトリートを開催します。 このリトリートはスペインの首都マドリッドで行なわれた、 師の指導によ…

【告知】アジャン・ニャーナラトー師 の法話会(3月2日)、瞑想会(3月3日)を開催します

アジャン・ニャーナラトー師 法話会(3月2日)、瞑想会(3月3日)のお知らせ ご帰国中のアジャン・ニャーナラトー師を東京にお招きして、法話会と瞑想会を開催いたします。 3月2日(金)は、仕事や学校帰りに気軽に参加できる法話会に、 3月3日(土…

柳田敏洋神父ご指導の「初めての方の一日黙想会」に参加しました

昨日(18年2月13日)、柳田敏洋神父の指導による「初めての方の一日黙想会」に参加した。柳田神父はイエズス会修練長職を11年間務められつつ、ヨガや仏教のヴィパッサナー瞑想を習得されている。現在は、キリスト教の霊性と東洋の霊性の統合にも取り組まれ…

【満員御礼!】みんなで知恵を持ちよる本のお祭り「ポトラ」が開催されました

2018年2月4日、みんなで知恵を持ちよる本のお祭り「ポトラ」が世田谷区の桜神宮会館で開催され、スタッフの予想をはるかに超えた、多くの方にご来場いただきました。 ポトラの基本コンセプトは「本が好きな人たちが集まり、出会い、本について語り合う…

昨晩2月1日、6年目に突入したプラユキ師の「夜の瞑想会」を開催しました

昨晩2月1日は、6年目に突入したプラユキ師の「夜の瞑想会」を開催し、雪のちらつく凍えるような寒さのなか、十数人が参加くださいました。 思い起こせば、第一回目も雪が道端に残る寒い夜でした。最近の「夜の瞑想会」はたいてい30人ほどの参加者がいま…

【告知】2月10日(土) 第6回「スワリノバ」を開催。どなたでも自由におすわりください。

誰でもオープンにすわれる第6回目「スワリノバ」を、2月10日(土)に開催します。 すわる方法は、坐禅、伝統的な仏教瞑想、宗教色を排したマインドフルネス瞑想、そして内観でも、その方が取り組まれている方法でOKです。1ザを30分として3ザをすわり…

【告知】ブックフェア「ポトラ」開催。禅僧・藤田一照さん×作家・田口ランディさんの対談や、仏教系出版社サンガのブース出展などあり、仏教ファンにもお勧めです。

森竹もスタッフとして関わる、本好きの人たちのお祭り「ポトラ」が2月4日に都内で開催されます。 そのプログラムの一環として、禅僧の藤田一照さんと、仏教に関する著書も多い作家・田口ランディさんに対談(坐禅指導あり)をお願いしました。対談のタイト…

ロンドンでティク・ナット・ハンとプラムヴィレッジのドキュメンタリー映画「Walk with me」を観てきました

ロンドンで一足お先に、ティク・ナット・ハンとプラムヴィレッジ・コミュニティニティーを題材とした、ドキュメンタリー映画「Walk with me」を観てきました。 私が鑑賞したのは、国際線の発着駅セントパンクラスから、地下鉄で一駅のショッピングセンター内…

【告知】第5回「スワリノバ」、「新春の茶話会」を1月20日(土)に開催します

誰でもオープンにすわれる第5回「スワリノバ」を、1月20日(土)に開催します。また、今回は開始前に「新春の茶話会」も行いますので、よろしければ合わせてご参加ください。 すわる方法は、坐禅でも、伝統的な仏教瞑想でも、宗教性を排したマインドフル…

【報告】「ことば×マインドフルネス」のワークショップを、講師に島田啓介さんを招いて開催しました

2017年12月10日、長くマインドフルネスの実践、紹介をされている島田啓介さん(著述家、翻訳家)を招いて、ワークショップ「ことば×マインドフルネス」を開催しました。 会場は日比谷公園の敷地に立つ、日比谷図書文化館(旧、日比谷図書館)の小ホ…

【告知】12月10日(日)ことば×マインドフルネス ~書物の森で、マインドフルネスの宝を発見する

都会のオアシス日比谷公園の中に建つ、三角形のユニークな図書館を会場に、ことばとマインドルネスをつなぐワークショップを開催します。 前半は、公園で歩く瞑想をはじめ、マインドフルに今を楽しむ実践をします。 後半は、ことばをめぐるマインドフルな旅…

【告知】11月11日(土) 第4回「スワリノバ」を開催。どなたも自由におすわりください。

誰でもオープンにすわれる第4回目の「スワリノバ」を、11月11日(土)に開催します。 すわる方法は、坐禅でも、伝統的な仏教瞑想でも、マインドフルネス瞑想でも、その方が日頃取り組まれている方法でOKです。1ザを30分として3ザをすわり、その後…

【告知】藤田一照プレゼンツ「ブッダの生涯を身読する」を、10月28日(土)、11月23日(木・祝)に開催します

10月28日(土)と11月23日(木・祝)、ボディーワークや武術、心理療法などを取り入れつつ、多角的に仏教と坐禅を探求される禅僧・藤田一照師を先達に、連続ワークショップ「ブッダの生涯を身読する」を開催します。(土曜午後、日曜、祝日は受付け業務をお休…

【告知】10月19日(木) 第3回「スワリノバ」を開催。どなたも自由におすわりください。

誰でもオープンに座れる「スワリノバ」、10月は仕事帰りに気楽によれる19日の木曜日に開催します。遅刻OK! 19時すぎに会場に到着すれば2ザすわることができます。(予約不要) すわる方法は、坐禅でも、伝統的な仏教瞑想でも、マインドフルネス瞑想…

9月23日(土)第2回「スワリノバ」を開催。どなたでも自由におすわりください

同じ開場で行なった、瞑想会の様子です 第2回「スワリノバ」を開催します。 8月の開催した、誰でもオープンにすわれる場「スワリノバ」は、座禅、仏教瞑想、プラムヴィレッジ、医療関係者など幅広いバックグラウンドの8人の参加者で、和やかにすわることが…

【告知】京都開催!英国で活躍される日本人比丘、アジャン・ニャーナラトー師の日帰りリトリート(瞑想会)を開催します。

・アジャン・ニャーナラトー師の、通い型の京都リトリートのお知らせ 20世紀の大長老アジャン・チャー師の正統な流れをくむ、欧米最大のテーラワーダ僧院である英国アマラウァティ僧院。 その副僧院長を務める日本人比丘、アジャン・ニャーナラトー師の、2日…

【告知】都会の自然のなかですわれる(坐禅、瞑想ができる)場、「スワリノバ」を用意しました

同じ会場で瞑想会を行なったときの写真です。目の前には緑に囲まれた池が広がります 「スワリノバ」用意しました! 8月19日(土)、目白庭園の赤鳥庵をお借りして、誰でもオープンにすわれる場をつくりました。 すわる方法は、坐禅でも、伝統的な仏教瞑想…

【告知】英国で活躍される日本人比丘、アジャン・ニャーナラトー師の日帰りリトリート(瞑想会)を開催します。

20世紀の大長老アジャン・チャー師の正統な流れをくむ、 欧米最大のテーラワーダ僧院である英国アマラウァティ僧院。 その副僧院長を務める日本人比丘、アジャン・ニャーナラトー師の、 2日間にわたる日帰り(通い)リトリートを開催します。 前回の開催では…

【告知】ティク・ナット・ハンのガーター集『今このとき、すばらしいこのとき』の発刊をお祝いして、翻訳者・島田啓介氏のMyガーター作りワークショップを開催します

ティク・ナット・ハンのガーター集『今このとき、すばらしいこのとき』発刊記念 Myガーターつくりワークショップ 「ティク・ナット・ハン著のガーター集『今このとき、すばらしいこのとき〜毎日が輝くマインドフルネスのことば』(サンガ)の発刊をお祝いし…

『実践!瞑想の学校』(サンガ)が発売!記念に藤田一照師×プラユキ師の対談会が開催されます!!

企画から関わった、講義形式で仏教瞑想(含む坐禅)が学べる、『実践!!瞑想の学校』(サンガ)が発売しました。先生は現在の日本の仏教瞑想(坐禅)を牽引する指導者の6名です。実践方法と理論、そして精神的な領域までを、初心者にもわかりやすく講義してく…

禅僧の藤田一照師と、宗教学者(チベット仏教)の永沢哲先生の対談集『禅・チベット・東洋医学』(サンガ)が発売中。(制作話あり)

編集協力をした、禅僧の藤田一照師と、宗教学者(チベット仏教)の永沢哲先生の対談集「禅・チベット・東洋医学 瞑想と身体技法の伝統を問い直す」」(サンガ)が発売中です。 編集部の紹介文 「広汎な知識と深い経験を有する二人の話頭は、現在の仏教が抱え…

【報告】日本仏教の僧侶と、プラムヴィレッジによる「マインドフルネス・リトリート」が開催されました

5月8日〜10日の日程で、プラムヴィレッジ僧侶団と日本伝統仏教の僧侶が共に実践し、相互対話を通してこれからの仏教のあり方を探る「プラムヴィレッジ僧侶団来日ツアー2017 日本人僧侶向けマインドフルネス・リトリート」が開催されました。 日時:平成2…

【報告】テーマは「遊戯三昧」!プラユキさんの瞑想会を開催しました。

5月5日、タイで出家された日本人僧プラユキ・ナラテボーさんを招いて、「子どもの日の瞑想とお話の会」を開催しました。テーマは子どもの日に因んで「遊戯三昧」、「なにものにもとらわれることなく、仏の境地で遊ぶこと」を表す禅語です。 オープニング法…

【報告】第二世代のマインドフルネス「MBPH 」とは?「医療・心理職者のための、マインドフルネス研修会」に参加しました。

4月29〜30日に聖路加国際大学で行なわれた、プラムヴィレッジ※1僧侶団来日ツアーのイベント「医療・心理職者のための、マインドフルネス研修会」に参加しました。 研修会には、ティク・ナット・ハン※2から学んでいるOIメンバー※3の医療従事者も、講師…

編集協力&ライティングをした「東京マインドフルネスセンター ワークショップ集①」が発売中です

編集協力&ライティングをした「東京マインドフルネスセンター ワークショップ集① 仏教瞑想の多面的適用」が発売中です。 医療の分野でマインドフルネスの先端的な取り組みを続ける東京マインドフルネスセンターで行なわれた、5つのワークショップを完全収…

『朝日新聞 GLOBE』に、マインドフルネスを巡る体験記事「『心の筋トレ』でオレは変わるか!?」が掲載

本日(2017年4月2日)発刊の『朝日新聞』の「GLOBE」(月一日曜版)に、私も少しだけお手伝いした記事「『心の筋トレ』でオレは変わるか!?」が掲載されます。長文の特集記事で、マインドフルネスに関心を持ったタラレバ・オヤジ記者の太田啓之さんが、世界を…