読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コマメディア 〜史上最弱の仏弟子コマメ〜

仏教瞑想実践者のライター・森竹ひろこ(コマメ)が、仏教&瞑想関連の話題を広く紹介。なにかがきっかけで、仏教とご縁がつながると嬉しいです。……最弱なのでおてやわらかに!

上座仏教

【報告】テーマは「遊戯三昧」!プラユキさんの瞑想会を開催しました。

5月5日、タイで出家された日本人僧プラユキ・ナラテボーさんを招いて、「子どもの日の瞑想とお話の会」を開催しました。テーマは子どもの日に因んで「遊戯三昧」、「なにものにもとらわれることなく、仏の境地で遊ぶこと」を表す禅語です。 オープニング法…

編集協力&ライティングをした「東京マインドフルネスセンター ワークショップ集①」が発売中です

編集協力&ライティングをした「東京マインドフルネスセンター ワークショップ集① 仏教瞑想の多面的適用」が発売中です。 医療の分野でマインドフルネスの先端的な取り組みを続ける東京マインドフルネスセンターで行なわれた、5つのワークショップを完全収…

金沢で「アチャン・ニャーナラト―師との集い」が開催されます(3月20日・祝)。

英国で活躍される日本人比丘アチャン・ニャーナラトー師のお話会が、金沢で開催されます。 主催者のでじまさんは長年イギリスに滞在され、ニャーナラトー師が副住職を務めるアマラワティ僧院で、瞑想修行を続けています。 ニャーナラトー師のプレゼンスに、…

【告知】英国で活躍される日本人比丘、アチャン・ニャーナラトー師のリトリート(瞑想会)を開催します。

20世紀の大長老アチャン・チャー師の正統な流れをくむ、 欧米最大のテーラワーダ僧院である英国アマラウァティ僧院。 その副僧院長を務める日本人比丘、アチャン・ニャーナラトー師をお招きして、 2日間にわたる日帰り(通い)リトリートを開催いたします。…

企画から関わった「別冊サンガジャパン3 マインドフルネス」が発売されます!

企画の段階から関わらせていただいた、「別冊サンガジャパン3 マインドフルネス」(サンガ )が発売されます。 2010年の創刊からマインドフルネス(サティ、念、気づき)に関する話題を取り上げ続けたサンジャパだけに、圧倒的な情報量と、そうそうたる顔ぶれ。…

【告知】9月22日(木・祝日) 英国で活躍される日本人比丘、アチャン・ニャーナラトー師の瞑想会を開催します。

欧米のテーラワーダ仏教僧院の中心、英国アマラワティ僧院の副僧院長を務められるアチャン・ニャーナラトー師をお招きして、「法話と瞑想の会」を開催いたします。 ニャーナラトー師は日本人で、現在一時ご帰国中です。 師は京都大学医学部をご卒業。国家試…

日本印度学仏教学会の、第67回学術大会「特別部会」を聴講しました。@東京大学

9月3日〜4日に、日本印度学仏教学会の第67回学術大会が東京大学で開催され、3日の「特別部会(午後の部)」を聴講しました。 9 月 3 日(土) 午後の部(13:20 ~ 16:00) 1. 臨床仏教師の現状と展望 吉水 岳彦(大正大学非常勤講師) 2. 仏教の社会的活動評…

お勧めできる瞑想リトリートのリストです。(今年開催、5日以上、黙想の条件で)

ディーパンカラ・サヤレーの瞑想合宿の会場に設えられた祭壇。仏像も慈悲あふれるサヤレー(比丘尼)にふさわしい、優しいお顔をしています。 Facebookのグループ「マインドフルネス情報交換会」で出された質問に答えたところ、反響が大きかったので、ブログ…

【お知らせ】欧州で活躍される日本人比丘、アチャン・ニャーナラトー師の「法話と瞑想の会」を開催します。

このたび、多くのご縁に恵まれて、欧州のテーラワーダ僧院の中心である英国アマラワティ僧院で副僧院長を務められるアチャン・ニャーナラトー師をお招きして、「法話と瞑想の会」を開催することになりました。 ニャーナラトー師は日本人で、現在一時ご帰国中…

【報告】「パーリ仏典を学ぶ会」に参加して、片山一良先生の渾身の法話をお聞きしました。

1月に都内で行われた、駒沢大学教授・片山一良先生が講師を務める「パーリ仏典を学ぶ会」に参加しました。 片山先生はパーリ仏教研究の現役の第一人者であるとともに、曹洞宗の僧侶です。パーリ仏典の長部・中部全巻の現代語訳という偉業をなされ、一般向け…

【報告】パオ森林僧院の「原始仏教トーク『修行の心得』」に参加して、自分の立ち位置を確認しました。

1月11日(日)、今年最初のパオ森林僧院日本道場の「原始仏教トーク」に参加しました。当日は遠方の人も参加しやすい連休中ということもあり、公共施設の広い大広間は100人近くの人であふれていました。 月に一度開催される「原始仏教トーク」では、お釈迦様…

【報告】 ディーパンカラ・サヤレーの瞑想合宿に参加して、ひたすら鼻先の呼吸に集中する年末年始の7日間をすごしました。

宿の近くの南房・岩井海岸。東京湾の向こうには、うっすらと富士山が見えます。 年末年始の12月28日から1月3日までの6泊7日、ミャンマーから来日されたディーパンカラ・セヤレーの瞑想合宿に参加してきました。 参加を決めたのは、以下の2つの理由からです…

【報告】テーマは「自由に生きる」。タイで出家された日本人僧プラユキさんの「夜のお話と瞑想の会」を開催しました。

2015年12月16日(水)、お茶の水の昇龍館ビル(通称サンガビル)で、タイで出家された日本人僧プラユキ・ナラテボーさんをお招きして「夜のお話と瞑想の会」を開催しました。師走の慌ただしい時期ですが25人ほどが参加され、穏やかな一時をプラユキさんと…